きろくのメモ

腎機能低下?精密検査になった

目次

雇入れ時健康診断の結果

先月受けた、雇入れ時検診の結果が帰ってきた。

検診のことはまた後でまとめたい。
ざっくり言うと、検診で潰瘍性大腸炎と申告した。

どんな結果が帰ってくるか楽しみにしていたら、ちょっと予想外の結果だった。

判定 D

  • 肝機能:軽度の異常(ALT44)
  • 心電図:軽度の異常
  • 尿蛋白:2+ ⇨ 精密検査
  • 持病:今回の結果を主治医に見せること

蛋白尿の原因

高校生のときにも蛋白尿になったことがあったため、最初はそんなに気にしなかったが、「かなり蛋白が検出」と書かれていたため少し不安になる。
(判定は-, ±, +, 2+, 3+, 4+があると後でわかり、まだ上があって少し安心した…)

ちょっと汚い話だけど、高校生のとき「学生の蛋白尿は精液が混ざったことが原因のことが多い」みたいな記載を見て納得していた。
なので何年も家族に泡について指摘されていたものの、大丈夫だと決めつけていた。

ググると、蛋白尿になる原因は腎機能の低下だそう。
「腎臓が悪くなってるかもしれない」と思うと、不安になった。

すぐに「ペンタサ 副作用」で検索。副作用に腎機能低下がある。

今日気になって見たら、仕事終わってトイレ行って、座って尿をして流したあと、泡が残っていた。

まずいかも、とここで認識した。

腎機能低下なら

腎機能が低下しているなら、プロテインが腎臓の負担になる。
腎機能が低下しているなら、ビタミンDの摂取も控えるべきかもしれない。
ビタミンDの超過剰摂取の副作用が腎機能低下。
(新たになにか始めるときは調べてブログにメモってたのが役に立った。やっててよかったなと。)

⇨ プロテインとビタミンDはしばらく中断する。

一番の問題は、精密検査をして本当に腎機能低下なら、ペンタサが使用できなくなるかもしれないこと。

明日病院に電話して、できることなら軽く相談したい。
エレンタールは飲んでいいのか、など、気になることがいくつかある。
そして、早めに精密検査に行く。

あとがき

あとで結果を更新予定。

精密検査したら問題ありませんでした、だといいな。

これまで体にいいと思ってやっていたことが、体を傷つける行為だったかもしれないと思うと悲しくなった。

おどけて、「腎臓も大腸もだめなのか〜なんでこうなるのかなあ〜」みたいに言ってたら、悲しくなった。

家族の前で、声に出して泣いてしまった。病気になってから、あんまり泣いてなかったから、泣き出したらスイッチが入ってしまった。。
(一時間くらいブルーだったけど、もう大丈夫)

一個がだめなとき、他のうまくいってることをちゃんと見たい。
体調はよくなってるし、このタイミングで検診があって体の不具合が発覚したことは、絶対にプラスだ。

一個ずつ改善していこう。