きろくのメモ

活動期に整腸剤増やした結果、快便が続いている

目次

ミヤBMに加えて、ビオフェルミンを飲み始めたら、便の調子がよくなったって話。 自分に合った整腸剤(善玉菌)探しは必要だと思う。

以下、経緯。

ヨーグルト最強だ!

善玉菌のすごさを体感したのは、のむヨーグルトをたくさん飲んだとき。

今年の1月、潰瘍性大腸炎は落ち着いていた頃。 作業のお供にのむヨーグルトを買って、一日で大きいパック1本飲んだ日があった。 翌日、スーパー快便。びっくりした。

そこから、3ヶ月くらい、ヨーグルト信者になる。

毎日のむヨーグルトか、脂質0ヨーグルトを購入して飲んだ。(400gのパックは、振ればのむヨーグルトになる。。)

2月末の内視鏡検査で、寛解。きれいと褒められ、減薬。 ああ、もうヨーグルトが最強だ。ヨーグルト信者に磨きがかかる。

困ったこと1 お金

お金がかかる。一日200円くらい。年間で約73,000円。40年続けるとしたら300万円弱。 効き目がすごいから続けたいけど、お金かかりすぎる。

おそらく善玉菌がいいから、今度先生に整腸剤追加できないかお願いしよう。と思っていた。 先生に会う前に活動期が来てしまう。

困ったこと2 活動期

ヨーグルト信者は、活動期にうまくいかなかった。

4月下旬、再燃。 ヨーグルトは前の活動期にも食べられたので、一日1本継続。 しかし、なかなか効かない。ゆるい便が続く。 黄色い便になっていたので、善玉菌優勢。ヨーグルトは届いているけれど、ゆるい。

ここで思ったのが、ヨーグルトの消化自体が負担になっている説。

ヨーグルトの量を減らすと、便がちょっとだけ落ち着いた。それでもイマイチ。 今まで劇的な効果があっただけに、ヨーグルト信者は困った。 活動期にはうまくいかない。

診察で先生にお願いした

再燃して、試行錯誤するもなかなか回復しない。 診察を早めて、病院に行くことにした。

そこで、整腸剤を追加したいとお願いしたところ、ミヤBMに加えてビオフェルミンを処方してもらえた。

そこから一週間ずっと、便が一日1,2回に安定。ゆるい便が出なくなった。 ビオフェルミンが私の腸に合っているんだと思う。 (または、複数の善玉菌を摂っている効果。)

まとめ

自分に合う整腸剤探しはするべき。 なんのために整腸剤ってあるんだろうって方は、整腸剤があまり合っていない可能性もあると思う。主治医に相談!

  • 今回の活動期の詳細

https://uckankai.com/relapse-2020-04/

  • 前回の活動期の詳細

https://uckankai.com/preparation-for-relapse/