潰瘍性大腸炎と診断されるまで

体調まとめ

血便は異常

2018年の11月くらいから、たまに便に血が混ざるようになっていた。
昔から痔になりやすく、便に血がついていることもあったため「また切れ痔かあ、、」程度に思っていた。

その症状が、2ヶ月くらい続く。なかなか治らず、親から早く病院に行けと言われ始める。
その頃から便をよく見ると、ただの血ではなく、粘膜のような赤い物体がついていることが増えた。

これを粘血便という。

調べると、こうなるのは大腸がん・クローン病・潰瘍性大腸炎のどれかの可能性がとのこと。
クローン病と潰瘍性大腸炎は「指定難病」で、完治がない。調子の良いとき(寛解期)と調子が悪いとき(活動期)をずっと繰り返す。

がんor治らない病気、調べれば調べるほどその二択のようだった。不安になり、就活が解禁した3月になってから病院にいった。

3月6日 ついに病院へ

症状が出てから4ヶ月くらいして、やっと病院へ行く。

  • 採血
  • CT

をその日のうちに行った。

症状と親族にがんで亡くなったひとが多いことを伝えると、すぐ胃カメラ&大腸カメラという判断に。

もう食べられなくなるかも。。ということで、最後のラーメンに行く。笑

3月9日 胃カメラ&大腸カメラ

前日は消化のよいうどんなどのみ食べて可、当日は朝から下剤を飲む。
胃も腸もすっからかんにしていざ病院へ。

検査結果

  • 食道ー食道炎 逆流性食道炎 Grade A
  • 胃ー胃炎 萎縮性胃炎 C-2
  • 小腸(回腸末端)ーびらん疑い
  • 大腸(直腸)ー大腸炎 潰瘍性大腸炎 Matts Grade 3(粘膜凸凹)疑い

特に直腸はただれて血が出ていた。検体を3箇所とって培養。

看護師から

  • 癌の可能性はもうない。
  • 検体(腸の壁の肉をクリップのようなもので摘み取る)をとったから今日は辛いもの、脂っこいもの、アルコールは不可。
  • 明日からは制限なし。

3月23日 病院3回目 診断

まず採血から。その後診断。

見せたもの

  • 血便になったときの写真(10枚くらい)
  • この頃からトイレの水がすべて真っ赤になることも起こり始める。週に1回程度。

診断

  • 血液検査、異常なし。検体のウイルス、異常なし。
  • 原因がわからずただれている。→つまり難病。
  • 潰瘍性大腸炎。もしかしたらクローン病の可能性も。

薬開始

  • ミヤBM
  • ペンタサ顆粒
  • ペンタサ座薬

このセットだと一か月分で1万円程度。

潰瘍性大腸炎との生活、スタート!!